BIOGRAPHY

w.o.d. (ダブリューオーディー)
 
サイトウタクヤ (Vocal&Guitar)、Ken Mackay (Bass)、中島元良 (Drums) からなる神戸発の3ピースバンド。
圧倒的な音楽センス・ライブパフォーマンス・ビジュアルワークで、
類い稀なオリジナリティを見せつける、ネオ・グランジ・バンド “ w.o.d. ”
 
3ピースで鳴らす、時に感情的にシャウトするボーカルと歪んだギター、鼓膜を瞬時に捉えるヘヴィなベースに、抜群のビートが息づくドラムス、極限まで研ぎ澄まされた有無を言わせぬグルーヴ。
 
ʼ20年代邦楽ロックシーンの中で圧倒的なオリジナリティを見せつけ、音楽リスナーや、アーティスト、音楽関係者らを惹き付ける。
 
w.o.d. are a Japanese rock band, formed by Takuya Saito (lead vocals, guitar) Ken Mackay (bass) and Motoyoshi Nakashima (drums, vocals). Releasing their first self titled album “webbing off duckling” in 2018, the trio showed up in numerous festivals and shows throughout Japan. After releasing their second album “1994” and third album “LIFE IS TOO LONG”, w.o.d. established their own style and solid sound gaining a loyal fan base.